早めに原因を調べよう

>

大きな病気のサイン

異常が起こっているサイン

狭心症や心筋梗塞など、心臓に関する病気が原因で歯が痛むことがあります。
この時は主に下顎の歯が痛み、麻酔をしても痛みが残ったままです。
歯の痛みを感じても放置すると、次第に痛みの範囲が広がっていきます。
胸や背中も痛みを感じ、最終的に死に至るので大変危険な病気だと忘れないでください。

胸の圧迫感を感じた時に、左右の歯に激痛が走ることもあります。
このような症状が見られた場合は、循環器内科で治療をしてもらってください。
心臓病は恐ろしい病気ですが、早く発見して治療すれば問題ありません。
これからの人生を元気に過ごすためにも、自分の身体の異変を敏感に感じ取ってください。
特に年齢を重ねると、この症状が出やすくなります。

薬を服用している時

精神的な病気を発症している時にも、歯の痛みを感じます。
この時は左右の歯に痛みを感じたり、痛みがずっと続いたり、さらに痛みの範囲が広がったりと人によって様々な症状が見られます。
また同じ人でも精神状態によって痛みのレベルが異なり、少し治療が難しいです。

痛み止めを服用すれば改善できますが、精神的な病気が改善されない限りは、ずっと歯の痛みと付き合っていくことになります。
痛みが続くと辛いので、精神的な病気を治療することに専念しましょう。
時々ですが、薬の副作用で歯の痛みを感じることがあります。
あまりにも副作用が辛かったら、別の薬を使えないか医師に相談してください。
精神的な病気は簡単に治りませんが、医師と協力することで治療できます。


TOPへ戻る