早めに原因を調べよう

>

脳神経外科に相談する

突然痛みを感じるケース

偏頭痛や群発頭痛という、突発的に発症する頭痛があります。
偏頭痛が起こった時に、同時に歯も痛くなると覚えておきましょう。
偏頭痛の場合は、上顎の奥歯が傷みます。
ひどいときには嘔吐感と同時に起こることもあるので、2つの症状を発症した時は偏頭痛が原因だと思ってください。

群発頭痛では、発症すると奥歯に激痛を感じると言われています。
15分ぐらいで痛みが治まる場合もありますし、何時間も続く場合もあります。
また突然始まり、突然痛みがなくなるので、事前に対策するのも難しいです。
ただお酒を飲んだ時に歯の痛みを感じることが多く、群発頭痛が起こりやすい人は、しばらくお酒を控えるのがおすすめです。
群発頭痛を改善するなら、脳神経外科に行きましょう。

鼻が炎症を起こしている場合もある

人間の顔には、副鼻腔という鼻の穴に繋がる部分があります。
副鼻腔の中にある上顎洞という部分が炎症を起こすと、次第に歯の痛みを感じるようになります。
ただこの症状が起こると冷たいものが歯にしみたり、食べ物を噛んだ時に痛みを感じたりします。
虫歯の症状と似ているので、最初に歯医者に行ってしまう人が多いでしょう。

せっかく歯医者に行っても虫歯がないと言われたり、または虫歯の治療が終わっても症状が治まらなかったりする場合は、副鼻腔に問題があると判断しましょう。
また上顎洞癌だった場合も同じような症状が見られ、その場合はすばやく治療しなければいけません。
少しでも不安を感じたら耳鼻科や、口腔外科の医師に相談しましょう。


TOPへ戻る